イボコロリを使ってほくろ除去 実践した時の話

こんにちは!ナナシちゃんです。

電気分解法(電気メス)にてほくろを除去をした時のお話を書かせていただいております。(2017年6月8日現在)

以降は経過報告として、画像を載せていますが、

今回は、番外編として『イボコロリ』を使用してほくろ除去をしたお話を書いていきたいと思います。

※あくまで、自己責任でお願いいたします。肌トラブルが発生しても責任は一切負いません。


関連記事


スポンサーリンク

 

イボコロリとは

『イボコロリ』とは、皆さまご存知だと思いますが、薬局などで購入できる『イボ』『魚の目』『タコ』を取る時に使用します。

液体タイプと、絆創膏タイプがあります。

目の周辺や粘膜周辺の使用はしないほうがいいですね。

イボコロリでほくろが取れるの?

過去にどこかでみた記事では、ほくろも除去できると、商品にも書かれていた???
(定かではないですが…)と言うのを読んだことがありますが………

現在の箱には、そのような事は書かれていませんね。

 

ワタクシが試した経験から言いますと、ほくろが除去できるかどうかは、

出来る:出来ない

3:7

くらいでしょうか?

 

結構、根気がいるのと失敗率が高いのです。途中で剥がれてしまったり、ほくろが取り切れず、再発をしたり…時間を要した割には、がっかりする確率が高いですが、どうしても試したい方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


試す際の注意点

初めてやる場合は、顔には一切使用しないでください。

どんな感じになるのかを、見えない部分で試したほうが絶対良いです!

準備するもの

  1. イボコロリ
  2. キズパワーパッドやハイドロコロイドなど、湿潤療法ができるもの
  3. 患部を紫外線から隠せるもの(長袖・長ズボン・絆創膏など)

除去の仕方

  • イボコロリ(液体)を取りたいほくろに塗っていきますが、できる限り、患部以外の皮膚につかないように気を付けてください。
  • 付属の棒に液体を付けて、ちょんちょんと付けていきます。
  • 液体を付けた部分が白くなります。(1日数回塗ります/再度塗る場合は白くなった塊を剥がしますが、無理に剥がさないでください)

付けた部分がヒリヒリすると思います。
(個人的な見解ですが、皮膚を火傷の状態にして瘡蓋を作って、一気に取り除くイメージです)

経過をじっくり見る

早くなくなってほしい気持ちは大変わかりますが、絶対に患部を無理に剥がさないでください。確実に失敗します。

毎日塗り続けて、自然にはがれるのを待ちましょう。

手順は

  1. 塗る
  2. 瘡蓋になるのを待つ
  3. 剥がれるまで待つ
  4. 剥がれたら患部を清潔に保ち、湿潤療法をして、綺麗に治しましょう

※湿潤療法に関してはこちらの記事を参考に→『湿潤療法・モイストヒーリング


瘡蓋ができて、ほくろごと綺麗にはがれるまでの期間は数日~2週間前後くらいだと思います。(ほくろの大きさやでき方にも寄ります)

綺麗に取り除けた場合でも、根深くほくろの細胞がある場合がありますので(見た目では肌色なのでわからない…)ほくろが取り除けたと思っても、100%また元通りにほくろが出来ます(→再発です)

ですので、時間を要してもしっかりイボコロリの液体を浸透させて、一回で取った方が絶対に楽です!

 

剥がれた場合、結構傷口が深かったりしてびっくりすると思いますが、落ち着いて対処すれば、傷も綺麗に治ります。

→ワタクシの成功した部分(右手の指)は、深くえぐられた様な傷ができてびっくりしましたが、今はすっかり綺麗になり、10年近く経ちますが、再発しておりません。

もし、途中で剥がれてしまったら

お風呂などに入ってる時に、自然に剥がれることもあると思いますが、もし、刺激が原因で剥がれた場合、血が出たり膿が出たりするかもしれません。

綺麗にほくろがなくなっていればいいのですが(→除去が成功している可能性があります)

剥がれた場合は、例えほくろが残っている場合でも、一度中止し、湿潤療法をして、皮膚が元に戻ってから、また初めからやりなおしになります。
(傷口にイボコロリなど塗ってしまっては、皮膚が大変なことになります。)

どうしても「顔」に塗りたい場合

できれば、顔以外で試して、一度どのような経過をたどるのか、見たほうがいいと思って全力でお勧めしませんが…。

簡単に書いていきます。

イボコロリを塗ったほくろは、真っ黒になります。ほくろ自体は真っ黒のものはないと思いますが、黒の油性のマジックで塗りつぶしたのか!?!?と思うくらい、とんでもなく目立ちます。

顔のほくろが気になるのはわかりますが、取りたいのに、目立たせることになります。

ついでに言いますと、ほくろが真っ黒になって、イボコロリが付着した部分が赤くなり、目の錯覚で、さらに大きく見えて、とってもほくろが目立つことでしょう( ;∀;)

メイクで隠せたり、何日も家から出ないのであれば良いのですが、学校・職場・出かける用事がある方は、処置が大変になります。(隠さないのであれば問題ありませんがw)

その辺をご理解の上、実践するのもいいでしょう…ワタクシは止めません!
(何度も言いますが、自己責任でお願いします。)

PS.ワタクシは顔に使用した際、全部失敗しました( ;∀;)見事に再発しやがってw

まとめ+次回予告

この除去方法は、結構掲示板などで見かける方法ですが、ワタクシが自分で試してみての結果報告みたいなものだと思って、参考にしていただければと思います。

  • イボコロリを使用しての除去は、かなり根気がいる方法ですが、失敗も多いです。
  • はやる気持ちはわかりますが、じっくりとその時を待ちましょう。
  • 綺麗に取り除けたと思っても、細胞が根深く残っている場合があります(→再発)
  • 顔への使用は注意が必要です。

 

今回はやり方を紹介させていただきましたが、次回は、実際にやった部分の(画像などはありませんが…)状態や、成功例などを紹介できればいいなと思っております。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク



関連記事 よろしければこちらもどうぞ☆彡


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です