電気メスでほくろ除去 経過半年後


スポンサーリンク


皆さんこんにちは!ナナシちゃんです。

 

ほくろを除去して10月4日で半年、6か月が経過しましたので、それについて書こうと思います。

 

元々、記事にする予定が無かった
(と言うか、このブログ自体作ろうと思って作ってからまだ2週間程度w)
なので、本当は施術を受けた当日からの画像とか取っておけばよかったんだけれども(大失態( ;∀;))

 

もし、今後、除去することがあれば、残していこうと思いますが…。それはさておき…

 

それでも、施術して半年後の状態って、傷はどうなったの?と気になる方もいるはず。
と言う事で、行ってみましょう♪

 

 

除去しようと思った理由と場所

基本的に顔ですよね!気になるのはw

しかも、笑いじわの所に4ミリ程度のものが出来ているため、メイクがよれてしまいますし、少し盛り上がりのあるものでしたので、顔を洗う際に、爪でひっかいてしまうこともありました。

ですので、思い切って取ってしまおう!と『湘南美容外科クリニック』(SBC)に行ってきましたのが、2016年の4月4日でした。

 

クリニックを選んだ理由

色んなクリニックのホームページを見て比較をしましたが、交通の便がいいところと、希望施術の料金がはっきりしていた事で、このクリニックにしました。

もちろん、空きがあるのか、事前に予約してから行きました。

 

施術した後はやはり不安になりました

さて、施術した直後って、不安な要素がいっぱいあると思うんです。

 

例えば、

  • 傷口はいつ塞がるの?
  • 絆創膏の張り替える頻度は?
  • 薬はどのくらい塗り続けるの?
  • 日焼け止めってどのくらい塗り続けるの?
  • もしかして、傷口が綺麗に治らないかもしれない?(←これは不安になりますよね)

 

ワタクシもそうでした。

上記の件につきましては、これまでどういう経過をたどったのか、後日記事にしようと思っております。

スポンサーリンク


 

施術後、半年経過しました

とりあえず、今回は、施術後半年経過した状態がどんなものか、写メを貼らせていただきました。

すっぴんの画像です。

メイク前

ちょうど、笑いじわのできる部分にあったほくろを電気メスで除去したわけですが、実は、半年経過したけれども未だにピンク色に残っております。

日に日に色は薄くなって来ている気はするのですが、まだまだ気になるところ。

体質的に、傷が治りにくいのかもしれません。

また、元々が少し盛り上がっていたためか、少し盛り上がっています。

 

メイク後

こちらは、固形タイプのコンシーラー+パウダーファンデーションでメイクした画像になります。

ピンクの部分もファンデーションで何とか隠せるのですが、盛り上がっているため、若干影ができてしまい、近づくと吹き出物のような感じにも見えます(笑)

それでも、ワタクシは黒いほくろよりは、今の状態の方が良いと思ってます♪

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク




関連記事 よろしければこちらもどうぞ☆彡


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です