ほくろ除去 上皮化まで2週間+2日(16日間)


スポンサーリンク


皆さん、こんにちは!ナナシちゃんです。

今回は、ほくろ除去してから上皮化までのお話をしたいと思います。


関連記事


美容

 

経過2週間

前回の記事に書きました『フィブリン膜』には驚きましたが、上手く剥がして、少しずつ綺麗になっていく施術痕に気持ちも落ち着いてきました。

大体、2週間くらいで上皮化する(滲出液が止まる)のですが、ワタクシの場合は、出る量は減ってきましたが、まだまだ出ております( ;∀;)

やはり、傷の治りが遅い体質なのでしょうか(´・ω・`)

そう思い、傷の回復に良いと言われている栄養素を取り入れ、日焼けをしないよう、マイクロポアを貼り、滲み出た滲出液をふき取ったりする生活が続いています。

 

上皮化したのは16日目

上皮化するの~?と思っていましたが、ワタクシの傷が上皮化したのは(滲出液がでなくなるまで)、施術後16日目でした。

長かったです( ;∀;)

電気メスだと、傷跡が綺麗になるとの事でしたが、上皮化までの期間が長いのでしょうか?

施術痕は、ピンク色で、クレーターのようなものが残っておりました。

ですので、メイクをしようものなら、ニキビ跡のような凹みが残ってしまうと言う事件が起こりました。

クリニックの先生のお話だと、このクレーターが時間をかけて塞がっていくとの事。

ですので、今すぐ塞ぎたいと言う思いは届かないので、残念ですが、刺激をできるだけ与えず、治癒するまで待ちましょう。

※刺激を与えると、痕が残りやすいと言う書き込みをどこかで見ました。

 

3Mマイクロポアを貼り続ける期間

さて、3Mマイクロポアはどのくらい貼らなければいけないのか。

それは、クリニックからの指導によりますと、『3か月間』の様です。

と言いますのも、治癒して新しく作られた皮膚は、赤ちゃんの肌のように、デリケートで、紫外線を受けてしまうと、その部分が著しく日焼けをして結果、シミになってしまうとの事。

綺麗になるために施術したのに、シミになっては元も子もないですよね(´・ω・`)

特に1か月間は日焼けしやすいとの事でした。

そのため、クリニックから『UVジェル』の購入を勧められまして、いいお値段でしたが、肌のために!と思いカウンセリングを受けた初日に購入しております。
(購入の決め手は、下地クリームの効果もあるとの事で、2種の効果が魅力的でしたw)

3Mマイクロポアには紫外線を防ぐ効果+上からメイクができる効果がありますので、非常におすすめで、しかも調べたら価格もお手頃です。

自宅にいる場合は、これを貼るだけで十分と思われます。


スポンサーリンク



上皮化するまでに見つけたこと

なかなか上皮化しなかったので、だんだんと不安になってきました。

そんな中、掲示板やブログを書いている人には、ワタクシと似たような境遇の方もいらっしゃり、悩みを書いている方に出会いました。

そこには、日焼けを防止する+湿潤療法も(やり方次第で)可w+上からメイクができる絆創膏の情報を見つけます!

 

エアウォールUVを発見!

ほくろの除去をした人の中には、この絆創膏を使用している人が非常に多いことを知りました。

エアウォール

近くの薬局を回りましたが見つけることができず、通販にて購入しました。

この絆創膏は、97%もUVをカットできますので、実は日焼け止めを塗るよりも効果が高いのです!

 

これに関しましては、また次回書きたいと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡


スポンサーリンク




関連記事 こちらもどうぞ☆彡


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です