ガングリオンの治療の際、実際にかかった費用と診察内容を公開します


スポンサーリンク


皆さん、こんにちは!ナナシちゃんです。

今回もガングリオンについて書きたいと思います。

 

腱鞘炎
■Photo by いらすとや様

 


※これまでのガングリオン関連記事↓↓

その1 腱鞘炎だと思っていたら、『ガングリオン』だった!
その2 ガングリオン治療体験と特異体質(笑)
その3 ガングリオンの治療法・料金をまとめてみました
その4 この記事☆彡


今回は、実際に初診でかかった診察代・処置代などを書いていきたいと思います。

 

初診料

*初診

 282

処置料

*ガングリオン穿刺術

80

検査・病理

*超音波検査(断層撮影法)

350

画像診断

*写真診断(単純撮影 その他)

X-P単純撮影(デジタル撮影)(その他)電子媒体保存撮影 2回

167

電子画像管理加算(単純撮影)

57

*写真診断(単純撮影 その他)

X-P単純撮影(デジタル撮影)(その他)電子媒体保存撮影 2回

167

電子画像管理加算(単純撮影)

57

合計

*点数

1160

金額で表記すると

*初診料
282→2820円

*処置料
80→800円

*検査料
350→3500円

*画像診断料
448→4480円

*合計
1160→11600円

*保険適応(3割負担)

11600円→3480円(支払金額)

となります。

スポンサーリンク


まとめ

ガングリオンの穿刺術のみですと、800円と言うことになります。

画像診断(レントゲン)にはガングリオンは映らないのですが、ワタクシの場合は、これのおかげで骨の異常がわかりましたので、必要な内容だと思ってます。

超音波検査(エコー)は、ワタクシには不要だった気もしないでもないですが(笑)
ガングリオンと診断するには、必要な検査なのかもしれません。
原因があるところは、水分が溜まっているようで、空洞に映るようです(確かにそのように映ってました)

 

補足

入院病棟がある大きな病院(整形外科)でしたが、受付からお支払いまでかかった時間は、およそ2時間くらいでした。
ちなみに行った曜日は【土曜日】でした。
土曜日営業している病院も限られていると思うので、混んでるのかと思っていたのですが、たまたま特別患者さんが多くなかったとおもわれます。

地域やその日の状況によって差があると思いますが、もし行かれるのであれば、すいているタイミングがいいですね(*´ω`)

また、レントゲン技師さんには
『ピアノとか演奏するのですか?』と聞かれたのですが(子供の時に結構弾いていたけどw)
やはり、手を酷使する人に起こりやすいガングリオンさんなのだと思いました。

少しでも参考になればと思います☆彡

ここまでお読みいただきありがとうございました!

それでは、また☆彡

スポンサーリンク




関連記事 よろしければこちらもどうぞ☆彡