モラハラとは 無理せず逃げる方が良い時もありますよ



皆さん、こんにちは!ナナシちゃんです。

本日は、『モラルハラスメント』(モラハラ)についてお話ししたいと思います。

モラハラ

 

 

 

スポンサーリンク


 

モラハラとは

対象となる人の行動の中に非難できるポイントを見つけ、そこを陰湿に指摘し、相手の価値を下げたりする行動。

加害者は、相手を見下すことで、優越感に浸ることが目的。

 

家庭・職場など、どこでも起こりうる

モラハラは、家庭や職場の中だけで起こるものではなく、友人、恋人関係でも起こります。パワハラや、セクハラという言葉がありますが、

ハラスメントと言うのは=迷惑行為・嫌がらせ

自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為=モラハラです。

 

スポンサーリンク


 

モラハラはかなり厄介

モラハラを受ける側は、加害者の巧みな操作によって人間性を否定されます。さらに、加害者は

「私はいつも迷惑な思いをしている」「被害を受けているのは私の方だ」

と、自分の方が被害者であるように思わせます。モラハラ被害者はこのような操作を素直に受け入れ、自己否定に陥りやすいのです。

 

モラハラを受け続けると

抑うつや不安などの心の病を発症してしまうこともあります。

これを避けるためには、本人がモラハラの被害に早めに気づき、どうにか加害者かられるのが一番大切です。

 

モラハラ加害者の性格と行動

  • 常に自分が優位、賞賛が得られないと気がすまない
  • 他の人の気持ちに共感すること・心を通わせあおうという気持ちはない
  • 他人をほめない・標的の欠点探す・陰口を言う・絶対に謝らない・自分は間違っていないと思っている
  • 自分の考え方を否定されることを嫌う。
  • 自分は特別な人間だと思っている

上記の事を悪いとは思っていない(無自覚)ので、指摘してあげても逆にキレられることもあるでしょう。なぜなら、加害者は『自己愛性人格障害』だからです。

 

解決できると思わないほうがいい

うまく解決できるような状況になれば一番ベストですが、それはかなり低い確率だと思ったほうがいいです。

■例えば職場の場合、周りに良き理解者(同僚や上司)がいて、部署の変更をしてもいいのであれば変更をしてもらう。このような動きがあれば、解決はできないものの、加害者から離れられる可能性は高いです。

もし頑張ってみてやはり解決できない状況ならば、違う切り口から行動を起こすことしかできません。

■例えば、すでに、身体に何らかの症状(不安障害など)がある場合、『モラハラを受けているから仕事ができない』など、上司に相談してみる。ただし、受け入れられない可能性が高いです。考えすぎだと言われたり、勘違いじゃないの?と言われることもあるでしょう。

 

心療内科を受診する

こちらが深刻な状況だと言っても、周りが深刻だと理解してくれない。
これでは、もうこの職場で働くのは、精神的にも、かなりしんどくなる事でしょう。

朝起き上がれない、仕事に行くまでに吐き気をもよおす、仕事中に体調が悪くなるなどの症状が出ていれば『適応障害』になっている可能性が高いです。
この状態が続くと『適応障害』から『うつ病』になってしまいます。

嫌な影響を受けて体調不良になると言う事は、身体が生きるために防衛反応を起こしている状態(正しい状態)です。
これ以上、この状態であることが危険な状態だと知らせているのです。

心療内科を受診し、診断書を提出すれば休職できる可能性が高いですが、復帰するのがしんどくなるでしょう。

 

まとめ・少し体験談

職場などでモラハラの被害に遭うのは不運としか言えないです。しかも、解決できる可能性が低く、泣き寝入りな状態になる事が多いです。

立ち向かえるのであれば、それに越したことはないです。

ワタクシも『モラハラしてくる人めんどくさいなぁ』と思っていた(最初は相手にしてなかった)けど、かなり悪質だったのですが、上司に相談しても取り合ってもらえず、体調を崩すほうが早かったです。
まぁ、特別そこの職場じゃないとダメってこともなかったし(誰でも出来るような仕事だったので)資格があって出来る仕事とかやりたいと思っていたから、契約更新の2か月前に、辞めると決めました。

病気が悪化する前なら、回復するのも早いだろうし、早くに就職できると思ったので、もし、可能であれば、転職のことも考えるのもいいのではないかと思います。

また、モラハラをする人は、常に自分が優位に立つことで自分を保っている状態でもあります。被害者側が言い返してくるってことはないと考えているはずです。効果があるかどうかはわかりませんが、打たれ弱い人が多いので、いきなり強く言い返すと怯むと思います。

ただ、ワタクシの相手になった人は、『自分の行動(モラハラ)は正しい、自分は間違っていない』とモラハラを肯定していたので、まぁ解決するだけ無駄だと判断しました。

正しい・正しくないと、誰にも教えてもらえない『とってもかわいそうな人』だと思って、対処してください!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク




 

 

関連記事