お掃除が苦手な人の断捨離法(衣服編)


スポンサーリンク


皆さん、こんにちは!ナナシちゃんです。

ワタクシは、お掃除は比較的得意なほうではありません!(きっぱりw)
だけれども、やらないと、お部屋が大変なことになってしまいます。

洋服

大掃除をすれば、逆に散らかってしまうと言う事が発生します( ;∀;)
皆さまはどうでしょうか?

お掃除を完璧にこなしていると言う方は、何の問題もないのですが、なかなか片付かないという人からしてみれば、大事件です!

そんな人のために、ワタクシが今現在、実践していることを書いていこうと思います。(参考になるかどうかはわかりませんが、解決するキッカケになればと思っています。)

 

断捨離とは

断捨離とは、ただ片づけると言う事ではありません。

使うもの・使わないものを仕分けし、本当に必要な物・価値のある物がわかってくるキッカケになります。

不要な物を減らし、身の回りの物を綺麗にするだけではなく、気持ちもリフレッシュできます。

だからと言って、硬く考えると失敗してしまうのが、片付けが苦手な人の特徴とも言えます(ワタクシもそう( ゚Д゚))

なので、今回は『衣服編』と題して、衣服の整理整頓をしてしまいましょう!

 

断捨離『衣服編』

さて初めに、皆さまは衣服を(季節毎・もしくは春夏・秋冬毎に)何点お持ちか把握していますか?

ワタクシは普段から大量に洋服を買うわけではない(買うペースは年に2~3回程度、購入点数は3点前後)ですが洋服に埋もれていました。

その理由は、購入した洋服を着る・着ないに限らず処分出来ずにいたからです。

処分と言うと『捨てる』と思い浮かぶのですが『捨てるだけではない』と言う事を知れば、処分にためらいも減っていくと思います。

そして、良い組み合わせで服を着るには、自分でジャンル別に何着持っていて、どの組み合わせで着用するか、考えているほうが、私生活でも時短につながります。

 

処分するとは『捨てる』だけではない

『処分=捨てる』
と考えてしまうから、だんだん物が溜まっていくのです!
それは衣服に限らず、家にあるものすべてに言える事だと思います。

衣服に限って言うならば、処分方法は

  • 明らかに汚れているもの・破れているものは捨てる(ワタクシは掃除の時の雑巾の代わりに使います)
  • まだ着れるもの(汚れていないもの・破れていないもの)は、資源回収で回収してもらいリサイクルしてもらう
  • ブランド物ならば、リサイクルショップに買い取ってもらう
  • サイズを合わせて一気にオークションなどに出す(売れないこともあるので期間を決める)

などなど、ただ捨てるだけではなく、再利用が可能な場合もあります。

※資源回収に出す場合、回収が外で行われている場合は、塗れたり、砂がかからないように、大きめのビニール袋などにいれて回収してもらいましょう。
汚れてしまうと、善意で資源回収に出したのに、再利用できず廃棄されてしまうからです。

 

ルールを決めよう

年末の大掃除の時に、全てやろう!と考えると、だいたい大失敗します(経験済み)。普段からできる人は問題ないですがw

しかし、できない人には特徴があるのです。

  • できる人→普段から実践しているので、そんなに散らかっていない
  • できない人→年末に一気にやろう!

と、考えがあるはず。(はい、ワタクシですw)
普段からルールを決めている人は、時間を決めてキッチリ整理整頓できているはずなので、大掃除とかという概念があまりないと思われます。

これから断捨離を実行しよう!と思う方は、一気にやろうとせず、少しずつルールを作りながら、それが自分に定着するように実践してみましょう!

スポンサーリンク


 

衣服の断捨離する時期

さて、先ほども書きました『年末に一気にやろう!』と考えている方。

それは、衣服の整頓だけではなく、家全体の大掃除も一気にやろう!と言う事だと思われますが、それだと、終わる時間が見えないかもしれません。

見えないということは、『これでいいや』と途中で終わってしまう可能性が高いです。

と言うことで、年末だけではなく、衣服の断捨離は、衣替えの時期に実践してみましょう!

 

衣服の仕分け方

今日は、衣服の整理整頓のみ☆と考えると、少しは気が楽になると思います。

まず、手順

  • 可能であれば、自分の持っている衣服をすべて出してしまいましょう
  • 『着る』『保留』『着ない』の3択で分けてみましょう

 

  1. 『着ない』に仕分け出来れば、あとはその処分方法を決めるだけです。(捨てるか・リサイクル…etc)
  2. 『保留』にしたものは、もう一度『着る』『保留』『着ない』で見てみましょう。もしかすると、考えが変わって、『着ない』が増えるかもしれません。
  3. 『着る』『保留』の衣服をじっくり見て、汚れや傷が無いか見て、『着ない』になるかどうか判断してみましょう。
  4. 『着る』はタンスやハンガーにかけて今後着用しましょう。『保留』は期限を決めて後日判断しましょう。

 

ここで大事なことは

『勿体ないから』『いつか着る』は大体着ないです。

『勿体ない』『いつか着る』は大体着ない

芸能人の衣裳部屋のように、保存する環境が整っている部屋があるなら別ですが、長期保存することによって、変色していたり、傷んでいたり、結局着れないと言うことが大半です。

そうなってしまうならば、早い段階でリサイクルをしてしまったほうが、結局は環境にもよかったと言うこともあります。

目的が明確になっていない衣服は、早い段階で、誰かに未来を委ねてみるのもいいと思います。

 

ここまでできれば、着る服は皆さんにとって、価値のある服だと思います。
だからと言って、処分する服が価値が無いものと言う事ではないです。感謝を述べて、処分しましょう(*´ω`)

 

因みに今回の断捨離結果

本日、実は衣服の整理をしたのですが、資源回収に出そうと思っている衣服が

  • トップス11点 → さらに冬物も確認して13点
  • ボトムス1点

合計12点でした。

前回断捨離時の『保留』にしていた服も、今回処分する考えになりました。

新しいものに生まれ変わって頂きたいと思ってます☆彡


ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク




こちらもどうぞ☆彡


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です