お掃除が苦手な人の断捨離法(衣服編・維持編)


スポンサーリンク


皆さん、こんにちは!ナナシちゃんです。

前回の記事では、衣服の処分の方法について書かせていただきました。
今回は、維持編と言うことで、その状態を保つ方法を書いていきたいと思います。

アパレル

 

 

衣服の断捨離をしたら

前回の『お掃除が苦手な人の断捨離法(衣服編)』にて、断捨離を実行した人の中には、あまり数は減らない人もいれば、一気に整理できました!と言う人もいることでしょう。

一回目だった場合、一気に減らなくてもいいのです!但し、時間をかけて整頓する人に限ります。

勿体ないと思う考えは悪い事ではないのです。物を大切にしたい気持ちが大きいのでしょう。

結果として、ただ処分されてしまうことになってしまうのであれば、無意味な事になってしまいますが…
そこは、時間をかけて物の価値を見出していきましょう。

何度も何度もやっている間に、少しずつ、物が減っていくでしょう。

 

急いで片づけないといけない人は、『保留』に仕分けたものも、思い切って手放しでしまいましょう。

 

断捨離した後、片付きましたか?

さて、ここまで順調に進んでしまったとしたら、今の衣服は『極限まで枚数が減った状態』でしょう。

この減っている状態のまま、タンスにたたんでしまうか、ハンガーにかけたりクローゼットにいれたりすると思います。

では、実際に入れたり、かけたりしてみましょう。

 

上手く収まりましたか?

収まればOKです!

物足りないのであれば、新たに衣服を購入するのもいいでしょう。

 

収まってない人は、もしかすると、断捨離の時点であまり減っていないか、収納家具が特別小さいか、物凄く衣服を所持していたか、だと思います。

そういう方は、新しい衣服の購入を控えたほうがいいです

控えなければ、物が増えるのは当たり前なので、片付くわけがないのです。

収納家具が極端に小さい場合は、購入して、衣服を収納することを考えてみてください。

 

必要な衣服の枚数

必要な枚数は人それぞれ違うので、自分で決めてみるしかないです。

大体、各シーズンごと、1週間で7着(上下14着)と言う考えが多いのかもしれません。

人によってはオールシーズン100着と言う方もいるでしょう。

1週間の内に、洗濯を何回するかで決めるのもいいと思います。(←ワタクシはここかな?)

スポンサーリンク


 

上下の組み合わせを決める

衣類が多いと、上下の組み合わせが決まらず、お着替えに時間を取ってしまいます。

そうならない為にも、上下の固定の組み合わせを作っておくことが大切です。

このトップスにこのパンツは合うかな?と思ってみても、実際合わせて着用してみないと、

  • 思っていた色と違う
  • 丈の長さがイメージと違う

などの、問題も出てきてしまいます。

購入の際は、必ず試着をしたほうがいいです。
(PS.ワタクシも以前、アパレルで仕事していたので、必ず試着を勧めてました)

事前にチラシなどで、買うものを決めている場合は、持っている服や靴を着用して行くと、いいかもしれません。

もしくは、お店に展示されているマネキンさんを参考にして、一式そろえると簡単です。
それでも、自分に合うかどうかは試着したほうがいいです。

 

ワタクシの場合は、ボトムスが大体ネイビーカラーのスキニージーンズなので、そんなに深くこだわりはないのですが、赤のガウチョパンツになると、固定でトップス+靴も決めています。

 

枚数の維持の仕方

これは、簡単です。

大体所持枚数を決めて、綺麗に整頓ができたのであれば、その枚数を維持し続ければいいのです。

1着購入すれば、1着処分する

と言う考え方です。

必ずしも、1in1outでなくてもいいのですが(全身で買えば1セット増えますしね!)

あくまで目安ということでいいと思います。

衣替えの時に、またチェックを入れて、衣服で溢れ返ると言う状態を打破しましょう(*´ω`)


ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク




こちらもどうぞ☆彡

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です