ほくろ除去 上皮化~エアウォール


スポンサーリンク



皆さまこんにちは!ナナシちゃんです。

今回は前回の予告通り『エアウォール』について書きたいと思います。

エアウォール

 


関連記事


 

 

エアウォールとは

skinix』様というメーカーが開発した商品です。

先端医療のかげで見落とされがちだった、患者さんや看護師さんの小さな声。
「もっと快適に」「もっと便利に」「もっと見栄えよく」―――――――――
そんな願いにまっすぐ向き合うことから、skinixは始まりました。

引用元 skinix 

 

ゼロ感覚フィルムドレッシング エアウォール
と、箱に書いてある通り、貼った時の使用感は

  • 目立ちにくい
  • ムレにくい
  • はがれにくい
  • 炎症を起こしにくい

という感じでした。

 

試しに、腕に貼ってみましたので、画像をUPさせていただきます。

 

airwall1

さて、どこに貼ってあるかわかりますか?

ワタクシの撮影の仕方に問題があるのかわかりやすい( ;∀;)

 

airwall2

赤く囲んであるところ、四角の形にカットしたものを貼らせていただいております。
エアウォール自体、透明なので、とても目立ちにくいです。

さらに、すごいところは、上からメイクができると言う事。

ですので、メイクしてしまえば、目立ちにくくなるでしょう☆彡


スポンサーリンク



エアウォールには種類がある

  • エアウォール
  • エアウォールふわり
  • エアウォールUV
  • エアウォールⅣ

多分一番人気があるのは、UVではないかと推測します(笑)

使ったことがあるのはUVですので、紹介させてください。

 

エアウォールUVの効果

傷と言うのは、日焼けをすることで色素沈着を起こしてしまいます。

日焼け止めを塗ってもいいのですが、どうしても汗をかいてしまったり、塗り直しを怠ると、効果が低下してしまいます。

そんな中、エアウォールUVとは、97%の紫外線を防いでくれるという優れものです。

日焼け止めを塗るのよりも効果が高く、と言うより、効果が低下しないと言えるものです。

と言うことで、ほくろを除去した皆さまが使用するのが納得いくと思われます!

ただ『未滅菌』と言う事でしたので、患部に直接貼るのはNGとの事です。

上皮化した部分ならば大丈夫かと思われます。

 

実際に貼ってみた結果

ワタクシの場合、笑いじわの所でしたので、どうしても時間が経つとシワになってしまいました。

なかなか難しい(´・ω・`)

ですので、良く動く場所でない限り、かなりいい効果をもたらしてくれると思います。

実際、顔ではなく、違う部分に貼った場合、どこに貼ったかわからない状態になってしまいました。

とりあえず、自宅にいるときは、エアウォールを貼って過ごし、外出の時は可能であればマスクをして、マスクがダメな時は、日焼け止めを塗って、できるだけ日の当たらないところで過ごしました。

 

と言うことで、エアウォールUVは今でも愛用しています。

傷の痕を残したくないので、常備したいと思っております。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡


スポンサーリンク




関連記事