【検証】巻き爪ロボ類似品の効果 第2回

こんにちは!ナナシちゃんです。

今回も巻き爪について書いていきたいと思います。

前回は、初めてで探り探りやっていたため、良い効果が出ませんでしたが、今回は、左足を結構ギュッと矯正してみましたので、どうなったのか、見ていただければと思います。


関連記事


スポンサーリンク

 

使用するのは類似品の巻き爪ギプス

前回の復習です。
ワタクシが使用している器具は、『正規品の巻き爪ロボ』ではなく、『類似品の巻き爪矯正ギプス』です。
価格は2000円くらいの物を使用して、試している所です。

使い方は、正規品・類似品共に同じです。

効果の出方は、爪の状態・厚さ・硬さなどで変わると思いますので、必ずしも効果が得られるかどうか、保証はいたしません。
ワタクシの爪では、こんな感じでした~と言う事だけをあらかじめご理解いただき、試すかどうかを判断してみてください(*´ω`)

左の爪の状態

右の爪同様、片方がカーブで、片方が鍵カッコ『 「 』になっております。
長時間立っていますと、ジンジンしてきて大変です。

お風呂に入って温まると、さらに痛みがわいてきますね(´・ω・`)
血流が良くなるからなのか、不思議な現象ですw

スポンサーリンク


左足に使用してみます(1回目)

フックを引っ掛けて、ねじを回して爪を開いてみました。

開いた状態を見ると、爪の曲がり方がよくわかります。
鍵カッコの部分は、開いてみても、鍵カッコのままですw
開いた状態で、またお湯に浸し、さらに広げてみます。

↑かなり開いているのですが、どうでしょうw
少し痛いのですが、このくらい開かないと効果が出ないような…と言う気持ちで頑張ってみました。

↑温めて爪が柔らかくなったところに、爪を広げつつ、中心のねじで爪をおさえているので、鍵カッコの方の爪が、何だか変な形にwww

爪大丈夫かな?www曲がってますよねww

↑爪を広げると、これまで皮膚に食い込んでいた部分がはっきりわかりますね(´・ω・`)

を付けてみました。鍵カッコが食い込んでいた部分の皮膚の形がそのままの状態ですΣ(゚Д゚)見えにくくてすみません;
巻き爪ロボの使用方法の動画を見た時の、爪が巻いて皮膚に食い込んでいた痕を見た時の衝撃を思い出しますが…。

ワタクシはそこまでは、ひどくはありませんがw
改めてみて、やっぱり、多少なりとも食い込んでいたと言うのがわかります。

 

さて!

爪は開いたのか!!

巻き爪左足1回目の結果

↑少し浮きました!

食い込んでいた部分が少しだけ外に出ているように見えます。

↑左右、どちらとも浮いているのですが、画像ではわかりにくすぎですがw
こちらの鍵カッコの方は、明らかに、皮膚と爪の間に空間が生まれました。

 

まとめ

正規品を使用したことが無いので、比較はできませんが、類似品でも効果が無いわけではなさそうです。
ただ、1回使用して完治まではいかないと思います。

そして、正規品の使用動画を見ると、矯正した後に、巻き爪ブロック(バネのやつw)で固定してますよね。
矯正後もその形を保つためには、常にその状態を維持しておかないといけないのかもしれません。

因みに、類似品で爪を広げて数日経つと、やはりまた食い込んできますので、何度も矯正をしないといけないかもしれません。
女性ならストッキングとかヒールとかで、つま先が圧迫されますから大変ですよね(´・ω・`)
ワタクシもストッキングは苦手です…。

 

さて、類似品を使用してのチャレンジは何回もしています。
今回は2回目のチャレンジ(左足は1回目)でしたが、今回よりもネジを強く巻いてみたり、乾燥時間を伸ばしてみたりと、色々試してはいます。
その結果なども、書いていければとおもっておりますので、興味がある方は、どうぞよろしくお願いいたします。
何度も申し上げておりますが、効果は保証できませんので、チャレンジする方は自己責任でお願いいたします(*´ω`)

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また☆彡

スポンサーリンク



関連記事 よろしければこちらもどうぞ☆彡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です